ホーム > 進出・立地支援企業の紹介 > テュフ ラインランド ジャパン株式会社

進出・立地支援企業の紹介

テュフ ラインランド ジャパン株式会社

世界的な製品安全認証機関「テュフ ラインランド ジャパン」が、
大阪市に新たな試験施設を開設します!

ドイツに本部を置き140年の歴史を有する世界トップクラスの製品安全認証機関である「テュフ ラインランド グループ」傘下の日本法人「テュフ ラインランド ジャパン株式会社」が大阪市内に新たな試験施設(仮称:テュフラインランド 関西テクノロジーセンター)を開設することとなりました。本施設では、リチウムイオン電池や電気二重層コンデンサなどのRESS(再生可能エネルギー貯蔵システム)や、太陽光発電システムを対象とした各種試験を行います。平成24年4月からの本格稼動に向け、平成24年1月4日から一部の試験(電池試験施設内の充放電性能試験)を開始します。施設の本格稼動に伴い、これまで、横浜のテクノロジーセンターで実施してきた電池関連の試験は、本施設にすべて移管される予定です。

大阪市では、成長性の高い環境・新エネルギー産業を重点分野として、関連産業の生産拠点・研究開発拠点等の集積を図ることで経済成長につなげていく戦略を描いており、本施設は、そうした取組展開にも大きく寄与する施設であることから、施設開設にあたり、不動産物件の紹介や、企業・大学等立地促進助成制度助成金(震災特例)の適用対象とするなど、誘致活動に努めてきました。

新試験施設の概要

名称 テュフラインランド 関西テクノロジーセンター(仮称)
所在地 大阪市東成区深江南1-3-14
延床面積 2,571平方メートル
事業内容 太陽光発電システムや、リチウムイオン電池・電気二重層コンデンサなどのRESS(再生可能エネルギー貯蔵システム)の試験、検査、性能評価
事業開始日 2012年1月4日
外観イメージ図

テュフ ラインランド ジャパン(株)の概要

所在地 神奈川県横浜市港北区新横浜3-19-5 新横浜第二センタービル
代表者 代表取締役社長 ミヒャエル・ユングニッチュ
設立 1983年3月
資本金 3億7,000万円
従業員数 約360人
事業概要 電子機器や産業用機械、医療機器、自動車、玩具・食品など、国内外向け工業製品等の安全検査・試験・認証・性能評価・マネジメントシステム審査等を行う。横浜にテクノロジーセンター及び太陽光発電評価センター、大阪、福岡に、ラボラトリーを有する。

テュフ ラインランド グループ

1872年に設立されて以降、140年の歴史を持つ世界トップクラスの第三者検査機関。ドイツ、ケルンに本部を置く。
世界61か国に500以上の拠点があり、約16,000人の従業員を擁する。
2010年度には、グループとして約13億ユーロの売上を達成している。

企業・大学等立地促進助成制度(震災特例)の適用実績

企業名
事業所機能
所在地
事業内容
(株)エスポアール 大阪企画営業所 住之江区 アパレル製品の製造・販売
サンエジソンジャパン(株) 本社 中央区 太陽光発電システムエンジニアリング
テュフ ラインランド ジャパン(株) 大阪テクノロジーセンター 東成区 製品の安全検査・試験・性能評価等

※東日本大震災で被災した企業や、リスク分散の観点から事業所機能の移転を行う企業等を支援するため、大阪市内の賃貸物件を賃借して事業活動を行う企業を対象に、4月11日から運用。助成上限は、賃料の1/3、300万円

ページの先頭に戻る