トップ  >  都市開発プロジェクト

都市開発プロジェクト

都市開発プロジェクト

世界有数の大都市圏を形成する関西の中心地である大阪では、
西日本最大のターミナルである大阪駅周辺や、国内外とのアクセスに優れ、広大な開発用地を有する夢洲をはじめ、
ビジネスチャンスが広がる複数の大型開発プロジェクトが同時に進行しています。


うめきた

大阪最後の一等地といわれる大阪駅北側の総面積約24haの開発エリア「うめきた」では、その好立地を活かして、産官学が協力した新産業創造拠点の形成に向けたプロジェクトが進んでいます。また、大阪駅周辺地区は、条件を満たした事業者が税制優遇をはじめとする様々な支援を受けることができる特区地域として国に指定されています。

詳しく見る


夢洲

大阪ベイエリアに位置した人工島「夢洲」は国内屈指のコンテナターミナルを有し、関西一円への道路アクセスも充実しています。世界からの投資を呼び込む国際観光拠点や新しい技術・サービスを生み出す先端産業の集積を目指し、民間企業からのアイデアも募集しながら、夢洲全体のまちづくりの構想検討が行われています。

詳しく見る


その他市域プロジェクト

大阪市では上記地区以外にも、御堂筋や中之島、難波などさまざまな地域で都市開発プロジェクトが進行しています。

詳しく見る