ホーム > イベント案内

イベント案内

ビジネスイベント案内

2011

<<ビジネスイベント案内 一覧に戻る

タイトル
欧州連合の東方パートナーシップ:その成果、展望と将来への見通し
開催日時
2011年11月29日(火) 14:00~16:00
場 所 大阪国際会議場12階 特別会議場
〒530-0005 大阪府大阪市北区中之島5丁目3-51
TEL:06-4803-5555
最寄り駅
◎京阪電車中之島線「中之島(大阪国際会議場)駅」(2番出口すぐ)
◎JR環状線「福島」駅から徒歩約10分
◎JR東西線「新福島」駅(2番・3番出口)から徒歩(約10分)
◎阪神電鉄「福島」駅3番出口から徒歩(10分)
◎地下鉄「阿波座」駅(中央線1号出口・千日前線9号出口)から徒歩約10分
内 容 ポーランド共和国は2011年度後半の欧州連合の議長国に就任しました。この機会を捉え、2011年9月29日と30日の両日ワルシャワで開催された東方パートナーシップ首脳会議をフォローアップする公開シンポジウムを開催します。

東方パートナーシップは欧州連合と、アルメニア、アゼルバイジャン、グルジア、モルドバ、ウクライナ、ベラルーシとの間での連合協定でポーランドの提唱によって2009年5月7日プラハでの首脳会議の場でこの設置が決定されました。

このシンポジウムではビジネス関係、学会、行政組織、報道関係、そして一般の参加者の方々に欧州連合の東方パートナーシップの概念、構想について広くご理解を深めていただくと共に、将来への課題や展望を議論する場にしたいと存じます。
プログラム
14:00 開会挨拶
* トマシュ・ミクラシェフスキー参事官
駐日ポーランド共和国大使館貿易・投資促進部部長
* 楠本 祐一氏
外務省特命全権大使(関西担当) / 政府代表
前在ポーランド日本国特命全権大使
* 久保 広正氏
神戸大学大学院経済学研究科教授
EUインスティテュート関西特別顧問
日本EU学会理事長
14:30 セッション発言者
* ベアタ・ヴォイナ女史(ポーランド外交研究所)
~東方パートナーシップ:その長期的戦略~
* カタジナ・ペウチンスカ・ナウェンチ女史(ポーランド東方研究所)
~パートナーシップをビジネスに:経済プロジェクトとしての
東方パートナーシップ~
* ラファウ・サドウスキー氏(ポーランド東方研究所)
~東欧諸国の発展。EUと東方パートナーシップの挑戦と展望。~
* アダム・バルツェル氏(ポーランド・ヨーロッパ戦略センター)
~強い監査:東方パートナーシップにおけるステークホールダーとしての
第三勢力(ロシア、中国、米国、トルコなど)~
15:45 質疑応答
16:00 レセプション(参加者全員をご招待)
主催 駐日ポーランド共和国大使館
共催
東方研究所
【OSW(CENTRE FOR EASTERN STUDIES)】
ポーランド外交研究所
【PISM(THE POLISH INSTITUTE OF INTERNATIONAL AFFAIR)】
EUインスティテュート関西
【EU Institute in Japan, Kansai】
ポーランド・ヨーロッパ戦略センター
【demos EUROPA (Centre for EUROPEAN STRATEGY)】
定員 100名(定員になり次第、締切)
参加費 無料
申込方法 このイベントへのお申込みは終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。
申込締切 11月19日(土)必着
タイトル
大阪の最新開発プロジェクトとオフィスエリア視察・見学会のお知らせ
多数のお申込み誠にありがとうございました。
定員に達しましたのでお申し込みを締め切らせていただきます。
開催日時
2011年11月25日(金) 14:00~18:30
内 容 この度、大阪市は大阪の最新開発プロジェクトの視察・見学会を開催いたします!大阪臨海部の夢洲(ゆめしま)先行開発地区、グランフロント大阪PRセンターなど、普段は立ち入りできないエリアも特別にご覧いただけます。
今回は大阪を代表するオフィスエリアを見学いただけるオプション見学会もご用意しました。
皆様、お誘いあわせの上、ご参加ください。
詳細 ○第一部:14:00~16:15 大阪ベイエリア見学会
国際コンテナ戦略港湾の阪神港が立地し、最先端産業の集積により「パネルベイ」「バッテリーベイ」とも呼ばれる大阪ベイエリア。エリアのほぼ中央の夢洲地区では、2012年度に大規模な産業・物流用地(約40ha)の提供が開始します。視察会では、55階建ての大阪府咲洲(さきしま)庁舎上層階から大阪ベイエリアを展望していただいた後、マイクロバスで開発・分譲中の3島をご見学いただきます。

【集合場所】 ATCもしくは大阪府咲洲庁舎(大阪市住之江区南港北)
【プログラム】 14:00 集合
  14:00~14:20 臨海部開発の概要説明
  14:20~15:00 展望視察
  15:00~16:15 貸切バスによる視察
・咲洲(さきしま)
・夢洲(ゆめしま)(夢洲では先行開発地区にて下車視察)
・舞洲(まいしま)
→大阪駅周辺

○第二部:16:15~17:15 うめきた見学会
一日250万人が乗降する大阪駅の北側に広がる約24haの開発区域「うめきた」に、2013年春、約7haの先行開発区域が「グランフロント大阪」として竣工します。大阪・関西からアジア・世界へのゲートウェイとして、ビジネスや技術情報の集積と創造的発展に向けた戦略的な拠点となる開発プロジェクトの最新状況について、うめきた地区が一望できるPRセンターより視察・ご見学いただきます。

【場所】 グランフロント大阪PRセンター
(大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビルタワーイースト6階)
【プログラム】 16:15~16:35 シアターにてプロジェクト紹介映像の上映
  16:35~16:50 模型による説明(三菱地所株式会社)
  16:50~17:05 プレゼン「ナレッジキャピタルについて」
(株式会社ナレッジ・キャピタル・マネジメント)
  17:05~17:15 質疑応答

○懇親会:17:30~18:30
関西で生まれたグローバル企業と関西に関心を持つグローバル企業の出会いの場、グローバルベンチャーハビタット(GVH)大阪を見学後、懇親会を開催します。

【場所】 グローバルベンチャーハビタット大阪
(大阪市北区梅田1-12-39 新阪急ビル9階)

≪オプション見学会≫
以下のオフィスエリアについても、当日第一部の開始前にご見学いただけます。
ご希望に応じてお申し込みください。

【Aコース】
13:00~14:00 アジア太平洋トレードセンター【ATC】
大阪ベイエリアに位置した複合施設において、環境ビジネス拠点などをご見学いただきます。
【Bコース】
11:00~12:00 大阪ビジネスパーク【OBP】
複合高層ツインタワー「ツイン21」をはじめとする周辺施設をご見学いただきます。
言語 日本語
主催 大阪市/財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪企業誘致センター)/
夢洲・咲洲地区企業等誘致協働チーム
協力 三菱地所株式会社/株式会社ナレッジ・キャピタル・マネジメント/
公益財団法人都市活力研究所
定員 20名(先着順)
参加費 無料(大阪までの往復交通費は負担願います。)
パンフレット 案内パンフレット(PDF)はこちら(約370KB)
http://www.investosaka.jp/event/pdf/111125_meeting.pdf
申込 多数のお申込み誠にありがとうございました。
定員に達しましたのでお申し込みを締め切らせていただきます。
締切 11月21日(月)まで
問合せ 財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪企業誘致センター)
担当:熊(ユウ)/松本
TEL:06-6615-7130 FAX:06-6615-5518
Eメール:event@investosaka.jp
タイトル
フラウンホーファーIPA - 産総研関西センター
連携記念シンポジウム「EAPの研究開発と産業応用」
開催日時
2011年11月7日(月) 13:30~16:25
場 所 ブリーゼプラザ 小ホール(ブリーゼタワー7F)
大阪市北区梅田2-4-9 ブリーゼタワー7階(受付) TEL:06-6344-4888
最寄り駅
◎四つ橋線西梅田駅→徒歩3分、◎阪神梅田駅(西改札)→徒歩5分
◎JR大阪駅(桜橋口)→徒歩5分、◎JR東西線北新地駅→徒歩5分
内 容 フラウンホーファーIPA(生産技術・オートメーション研究所)は、2011年3月にリエゾンオフィスであるフラウンホーファーOPERを梅田に開設しました。大阪地域には、産総研関西センターや大阪大学などカーボンナノチューブ・ナノテクノロジー分野の優れた研究機関や研究開発力に秀でた民間企業が集積し、大阪市の支援があることが進出の決め手になりました。

産総研関西センターとフラウンホーファーIPAは、このたび、EAP(electro-active polymer)研究の連携を深めることで合意し、この分野の基礎研究とその成果の産業応用を進めてまいります。産総研関西センターは、EAP研究の20年にわたる研究実績を有し、イオン導電性高分子アクチュエーター商品化やカーボンナノチューブを利用した高分子アクチュエーター開発で世界をリードしています。

このシンポジウムでは、両機関の研究代表の研究紹介に加え、EAP分野の世界的権威である理研・長田義仁先生に基調講演をしていただきます。また、この機会に、フラウンホーファー研究機構・Bullinger理事長と産総研・野間口理事長より、両機関の全容をご紹介いたします。2011年は日独交流150周年という記念すべき年であり、EAP研究におけるこの連携が両国交流促進の一助となるよう研究開発体制を整えてまいります。
プログラム
13:30 開会 経緯説明
産総研関西センター 所長 田口 隆久
フラウンホーファーOPER 所長 Ivica Kolaric
(フラウンホーファーIPA機能性材料プロセスエンジニアリング部門長)
13:40 来賓挨拶
経済産業省近畿経済産業局 局長 長尾 正彦
大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館 副総領事 Stefan Biedermann
大阪科学技術センター 会長 生駒 昌夫(関西電力株式会社 副社長)
13:55 産業技術総合研究所紹介
産総研理事長 野間口 有
14:10 フラウンホーファー研究機構紹介
フラウンホーファー研究機構理事長 Prof. Dr. Hans-JÖrg Bullinger
14:25 基調講演「次世代のソフト&ウエットエンジン-人工筋肉」
理化学研究所 基幹研究所
分子情報生命科学特別研究ユニット リーダー 長田 義仁
15:05 「産総研のEAP研究」
産総研 健康工学研究部門
人工細胞研究グループ 研究グループ長 安積 欣志
15:40 「フラウンホーファーのEAP研究」
Ivica Kolaric
16:15 閉会のあいさつと将来展望
田口 隆久
Ivica Kolaric
16:25 閉会
17:00 交流会(参加費3,000円)
主催 産業技術総合研究所関西センター/フラウンホーファーIPA
共催 フラウンホーファーOPER
定員 200名(定員になり次第、締切)
参加費 無料(但し、交流会参加費は、別途3,000円)
パンフレット 案内パンフレット(PDF)はこちら
http://unit.aist.go.jp/kansai/documents/sympo-fraunhofarIPA-AISTKansai.pdf
申込方法 このイベントへのお申込みは終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。
申込締切 11月2日(水)
問合せ 産業技術総合研究所 関西産学官連携センター TEL:072-751-9606
フラウンホーファーOPER
タイトル
大阪市ビジネスセミナー in 福岡
変貌する大阪と九州が連動 ~環境・エネルギー分野を主軸に次代を動かす~
開催日時
2011年10月24日(月) 第1部 セミナー 14:30~17:40
第2部 交流会 17:45~19:00
場 所 ホテル日航福岡 3階「都久志」 (福岡市博多区博多駅前2丁目18番25号)
http://www.hotelnikko-fukuoka.com/access/station.html
内 容  大阪市では、大阪・関西と九州の双方が強みを持つ環境・エネルギー分野の経済交流を促進するため、九州・福岡において大阪市ビジネスセミナー「変貌する大阪と九州が連動 ~環境・エネルギー分野を主軸に次代を動かす~」を開催します。

大阪市では、環境・エネルギー分野を重点戦略分野の一つとしており、大阪ベイエリアをはじめ関西一円には蓄電池や水関連ビジネス等の関連企業や研究機関が集積しています。 一方、九州においては、知の拠点として学術・研究の連携を進められているほか、ソーラーや半導体関連などの企業の厚い集積があり、九州経済産業局や関連団体が連携して環境・エネルギー課題の解決による成長を目指しています。

大阪・関西と九州は、このように共通する産業分野で強みを有していることに加え、両者ともアジアとの繋がりが深い地域でもあります。両地域の企業が連携し、その強みを掛け合わせることにより、西日本が環境・エネルギー分野で日本を先導し、環境面で様々な課題を持つアジアのマーケットも取り込んだ成長に繋がると考えます。

今回のビジネスセミナーでは、今後の企業間交流や相互立地などの地域間連携を促進することを目的に、環境・新エネルギー分野における両地域の動向や、企業の取組み、大阪のビジネス環境とその強みなどを紹介します。
なお、大阪市が九州においてビジネスセミナーを開催するのは今回が初めてです。
プログラム ○ 第1部 セミナー 14:30~17:40
(1) 開会
(2) 来賓挨拶
九州経済産業局 局長 滝本 徹氏
(3) 基調講演
「新エネルギー立国ニッポンの将来は西日本にかかっている!!
~欧米系の日本進出、世界最強の国内素材メーカーをキャッチ~」
  株式会社産業タイムズ社 代表取締役社長 泉谷 渉氏
(4) 企業プレゼンテーション(大阪企業)
「エコアイディアの取り組み  ― 藤沢でのスマートタウンの事例 ―」(仮題)
  パナソニック株式会社 システム・設備事業推進本部事業推進グループ
  グループマネージャー 宮原 智彦氏
(5) 企業プレゼンテーション(大阪企業)
「大阪ガスグループが推進するオープンイノベーション
~新たな連携で技術開発を加速し、新市場を創造する~」
  大阪ガス株式会社 技術戦略部オープンイノベーション室 室長 松本 毅氏
(6) 企業プレゼンテーション(九州企業)
「音環境の問題解決で九州から全国、そして世界へ」
  株式会社ハウス119 代表取締役 古澤 秀和氏
(7) 大阪駅北地区最新開発プロジェクト「グランフロント大阪」プレゼンテーション
「『ナレッジキャピタル』からはじまる知的価値の創出」
  株式会社ナレッジ・キャピタル・マネジメント
  マネージングディレクター 高橋 豊典氏
(8) 大阪市プレゼンテーション
「大阪市の経済成長戦略と環境・エネルギー関連産業の集積」(仮題)
  大阪市政策企画室企業誘致担当部長 舟越 照代
(9) 閉会

○ 第2部 交流会 17:45~19:00
言語 日本語(他言語への通訳サービスはございません。)
主催 大阪市/財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪企業誘致センター)
後援 九州経済産業局/近畿経済産業局/福岡市/財団法人九州経済調査協会/大阪府/
大阪商工会議所/財団法人日本立地センター/夢洲・咲洲地区企業等誘致協働チーム
対象 企業関係者、大学・研究機関関係者など
定員 100名 (定員になり次第締め切らせていただきます。)
参加費 無料
パンフレット 案内パンフレット(PDF)はこちら(約992KB)
http://www.investosaka.jp/event/pdf/111024_business.pdf
申込み このイベントへのお申込みは終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。
申込期間 10月19日(水)までにお申し込みください。
問合せ IBPC大阪企業誘致センター 担当:菊根、森
TEL:06-6615-7130 FAX:06-6615-5518
Eメール:event@investosaka.jp
タイトル
アジア環境ビジネスシンポジウム
~アジアの環境・エネルギー問題と経済発展の方策を探る~
開催日時
2011年10月20日(木) 15:00~18:00 シンポジウム (開場 14:30)
18:30~20:30 交流会 (ネットワーク・レセプション)
場 所 ハイアットリージェンシー大阪 (大阪市住之江区南港北1-13-11)
3階 ボールルームE (シンポジウム) / 3階 ボールルームA (交流会)
(ニュートラム南港ポートタウン線「中ふ頭」駅下車3分)
http://www.hyattregencyosaka.com/access/index.html
内 容 大阪市では、2011年10月20日(木)に大阪市住之江区のハイアットリージェンシー大阪で、「アジアの環境・エネルギー問題と経済発展の方策を探る」をテーマとした「アジア環境ビジネスシンポジウム」を開催し、参加者100名を募集します。

大阪市のビジネスパートナー都市(BPC)が一堂に会するBPCラウンドテーブルに合わせて開催される本シンポジウムでは、環境・エネルギー問題と都市発展についての基調講演や、アジアの都市での取り組みについてパネルディスカッションによる情報共有を行います。

アジアの環境に配慮したまちづくりに関心のある企業関係者、行政・大学・研究機関関係者など奮ってご参加ください。
セミナー終了後には参加者による交流会も予定しています。
プログラム
(1) 基調講演1「次世代エネルギー施策の推進」
大阪市環境局 理事兼エネルギー政策室長 東 信作 氏
(2) 基調講演2「環境・エネルギー問題と都市発展」
京都大学 大学院経済学研究科教授 植田 和弘 氏
(3) パネルディスカッション
テーマ「環境問題の克服とエネルギー管理に係る先進的なまちづくり」
テーマについて、先進的な取り組みを情報共有し、急速な発展を遂げるアジア諸都市に
とって有効な施策や課題について議論します。
(コーディネーター) 京都大学 植田 教授
(パネリスト) 大阪市環境局 東 理事兼エネルギー政策室長
大阪市ビジネスパートナー都市代表(シンガポール・メルボルン)

シンポジウム終了後、参加者による交流会(ネットワーク・レセプション)を開催します。
言語 日本語(英語による同時通訳あり)
主催 大阪市
後援(予定) 経済産業省近畿経済産業局、公益社団法人関西経済連合会、大阪商工会議所
対象 企業関係者、行政・大学・研究機関関係者など
定員 100名(先着順)
参加費
無料
交流会は有料 2,000円
(当日受付にて現金でお預かりいたします/IBPC大阪正会員は無料)
パンフレット 案内パンフレット(PDF)はこちら(約350KB)
http://www.ibpcosaka.or.jp/network/event/2011/111020_business.pdf
申込み このイベントへのお申込みは終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。
申込締切 10月14日(金)までにお申し込みください。
問合せ 大阪市政策企画室海外プロモーション担当
「アジア環境ビジネスシンポジウム事務局」 担当:藤原・チャン
TEL:06-6208-7246 FAX:06-6227-9871
タイトル
知の集積地OSAKAから日本再生の「ことづくり」を
~医療知とIT知との集積、そして、そのシナジーとは~
開催日時
2011年8月17日(水) 13:30~16:30 (受付開始 13:00~)
場 所 大阪大学 中之島センター7F セミナー室 (530-0005大阪市北区中之島4-3-53)
http://www.onc.osaka-u.ac.jp/others/map/index.php
内 容 大阪での拠点設置を検討中のシンコム・システムズ・ジャパン株式会社は、
この度、ITと医療の融合をテーマに大阪でセミナーを開催されます。

セミナーの詳細については下記URLをご参照ください。
http://www.cincom.co.jp/products/seminar/healthcare_seminar2.html
プログラム
(1) 開会挨拶 シンコム・システムズ・ジャパン株式会社 代表取締役 石村弘子
(2) 「薬局から始まる医療3.0への道 ~ユビキタス時代の地域医療イノベーション~」
ファルメディコ株式会社 代表取締役社長 狭間研至氏
(3) 「Mac開発者のためのSmalltalk入門―Objective-Cのルーツを知る」
IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ 梅澤真史氏
(4) 休憩
(5) パネルディスカッション
「(仮題)医療知とIT知との集積とそのシナジーとは」
OHS協議会(旧大阪健康サービス産業創造協議会) 事務局長 卯津羅泰生氏
ファルメディコ株式会社 代表取締役社長 狭間研至氏
IPA未踏ソフトウェア創造事業スーパークリエータ 梅澤真史氏
シンコム・システムズ・ジャパン株式会社 代表取締役 石村弘子
(6) 閉会
主催 シンコム・システムズ・ジャパン株式会社
協賛 三谷商事株式会社
後援 財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪企業誘致センター)
大阪外国企業誘致センター(O-BIC)
定員 102名
参加費 無料
申込み このイベントへのお申込みは終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。
問合せ シンコム・システムズ・ジャパン株式会社 セミナー事務局
TEL:03-3438-2792
タイトル
大阪港国際物流シンポジウム
~関西活性化に向けた大阪港の国際ロジパークの形成に向けて~
開催日時 2011年7月19日(火) 14:00~18:30
会場 ヴィアーレ大阪 (大阪市中央区安土町3-1-3)
内 容 平成22年8月、国際コンテナ港湾の競争力を図るため、大阪港は、神戸港とともに阪神港として、国際コンテナ戦略港に選定されました。これを受け、大阪市では、大阪港の国際物流機能の強化、高度化に向けた方針付けを行うために、本年4月には有識者で構成された「夢洲産業・物流ゾーン推進会議」を設置し、夢洲先行開発地区の物流拠点の実現のための条件整備(特区など)を議論、検討をしています。

本シンポジウムでは、「夢洲産業・物流ゾーン推進会議」の委員や、大阪の代表的な荷主・企業の物流担当者をお招きし、夢洲先行開発エリアにおける今後の方向性などについて、お話しいただきます。

プログラム 【第1部シンポジウム】 14:00~17:00  ( 開場13:30 )
14:00 開会
・あいさつ (主催者)
・基調講演  『物流の現状と意義』
流通科学大学商学部 流通学科教授 森 隆行 氏
・[報告] 『大阪港における国際競争力の強化に向けた取組み』
大阪市港湾局
・パネル
ディスカッション
『関西活性化に向けた大阪港の国際ロジパークの形成に向けて』
   
<コーディネーター>
阪神高速道路(株) 前社長 木下 博夫 氏
<パネリスト>
コーナン商事(株) 取締役上席執行役員 荒川 春子 氏
三菱商事(株) 理事 関西支社副支社長 小椋 和平 氏
オリックス不動産(株) 代表取締役会長 西名 弘明 氏
センコー(株)    代表取締役社長 福田 泰久 氏
流通科学大学商学部 流通学科教授 森 隆行 氏
   
17:00 閉会

【第2部交流会】 17:00~18:30
17:15 開会
18:30 閉会
主催 公益社団法人 大阪港振興協会
協賛 株式会社 大阪港トランスポートシステム
後援 大阪市、大阪港埠頭株式会社、
財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪企業誘致センター)、
夢洲・咲洲地区企業等誘致協働チーム
定員 250名(先着順)
参加費 無料
パンフレット 案内パンフレット(PDF)はこちら(約564KB)
申込み このイベントへのお申込みは終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。
締切 7月12日(火)
問合せ 公益社団法人 大阪港振興協会 担当:城村、宮下
TEL:06-6615-7600 FAX:06-6615-7615
タイトル
大阪の最新開発プロジェクト視察見学会
開催日時
2011年6月30日(木)・7月28日(木) 14:00~18:30
内 容 この度、大阪市は大阪の最新開発プロジェクトの視察見学会をご用意しました。
グランフロント大阪PRセンターや大阪臨海部の夢洲(ゆめしま)先行開発地区など、普段は立ち入れないエリアも今回特別にご覧いただけます。
お誘いあわせのうえ、ご参加ください。

日時:2011年6月30日(木)/7月28日(木) 14:00~18:30(各回同じ内容)
スケジュール 14:00~15:00
15:00~17:30
17:30~18:30
第一部:うめきた(大阪駅北地区)見学会
第二部:大阪ベイエリア見学会
懇親会(グローバルベンチャーハビタット大阪)
詳細 ○ 第一部 14:00~14:50
先月グランドオープンのJR大阪駅。その北側に2013年春、7ヘクタールのうめきた先行開発区域が「グランフロント大阪」としてオープンします。大阪・関西からアジア・世界へのゲートウェイとして、ビジネスや技術情報の集積と創造的発展に向けた拠点となる開発プロジェクトの最新状況を、うめきた地区が一望できるPRセンターより視察します。

【場所】 グランフロント大阪PRセンター(大阪市北区大淀中1-1-88 梅田スカイビル)
【プログラム】
14:00 集合(梅田スカイビルタワーイースト1階(JR大阪駅より徒歩))
14:05 シアターほかにて映像、模型による説明とナレッジキャピタルに関する
プレゼンテーション
14:50 展望説明


○ 第二部 15:00~17:30
「パネルベイ」「バッテリーベイ」とも呼ばれる大阪ベイエリア。国際コンテナ戦略港湾の阪神港が立地しているほか、エリアのほぼ中央の夢洲地区では、2012年度に大規模な産業・物流用地(約40ヘクタール)が完成します。視察会では、55階建ての大阪府咲洲庁舎上層階から大阪ベイエリアを展望していただいた後、マイクロバスで開発・分譲中の3島をご見学します。

【プログラム】
15:00 グランフロント大阪PRセンター(梅田スカイビルタワーイースト1階)出発
15:40 大阪府咲洲庁舎(大阪市住之江区南港北1-14-16)上層階にて
臨海部開発の概要説明と展望視察
16:20 マイクロバスによる咲洲/夢洲/舞洲視察(夢洲では先行開発地区にて下車視察)
17:30 JR大阪駅到着


○ 懇親会 17:30~18:30
関西で生まれたグローバル企業と関西に関心を持つグローバル企業の出会いの場、グローバルベンチャーハビタットも見学できます。(軽食付)
【時間】 17:30~18:30
【場所】 グローバルベンチャーハビタット大阪(大阪市北区梅田1-12-39 新阪急ビル9階)
言語 日本語(ご希望に応じて逐次通訳を用意します(英語))
主催 大阪市/財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪企業誘致センター)
夢洲・咲洲地区企業等誘致協働チーム
協力 株式会社ナレッジ・キャピタル・マネジメント/公益財団法人都市活力研究所
定員 各回20名(先着順)
参加費 無料(大阪までの往復交通費は負担願います)
パンフレット 案内パンフレット(PDF)はこちら(約348KB)
申込み このイベントへのお申込みは終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。
締切 6月30日参加は6月27日(月)までに、7月28日参加は7月25日(月)までにお申し込みください。
問合せ IBPC大阪企業誘致センター 担当:熊(ユウ)/松本
TEL:06-6615-7130 FAX:06-6615-5518
タイトル
フランス-大阪 経済投資セミナー
「フランスと大阪の経済投資交流の促進に向けて」
多数のお申込み誠にありがとうございました。
定員に達しましたのでお申し込みを締め切らせていただきます。
開催日時
2011年6月15日(水) 10:15~16:30
場 所 大阪市公館(大阪市都島区網島町10-35)
http://www.city.osaka.lg.jp/seisakukikakushitsu/page/0000020132.html
内 容 大阪市は、フランスと大阪の経済投資交流の促進を図るため、6月15日(水)に在日フランス商工会議所、在日フランス大使館対仏投資庁日本事務所等と共同で、「フランス-大阪 経済投資セミナー」を開催します。

相互に進出している企業からそれぞれの進出事例を報告いただくほか、フランスの投資環境や大阪での企業進出サポート等についてプレゼンテーションを行います。また、セミナー終了後には、参加者の交流を図るための昼食交流会を開催するとともに、開発が進む大阪駅北地区先行開発区域「グランフロント大阪」PRセンターの見学会も実施します。
プログラム
第1部 ~セミナー~ 10:15~12:30 @大阪市公館 レセプションホール
 
(1) 開会
(2) 挨拶:フィリップ・フォール 駐日フランス大使
(3) 主催者挨拶:ベルナール・デルマス 在日フランス商工会議所会頭
(4) 主催者挨拶/大阪の投資環境について:平松邦夫 大阪市長
(5) フランス進出事例報告(日本企業):
木戸章司 NTN株式会社 常務執行役員/経営戦略本部 本部長
(6) 大阪進出事例報告(フランス企業):
仁野覚 エスモード・インターナショナル代表
(7) フランスの投資環境について:
クリストフ・グリニョン 在日フランス大使館 対仏投資庁 日本事務所代表
(8) 大阪での企業進出サポートについて:
竈門加珠子 大阪外国企業誘致センター(O-BIC)事務局次長
(9) フランスでの企業進出サポートについて:
デヴィ・ル・ドゥサールTMI総合法律事務所 外国法事務弁護士(フランス法)
(10) 閉会

第2部 ~昼食交流会~ 12:30~13:45 @大阪市公館 会議室
※交流会のみのご参加はお受けできません。

~事前申込者のみ専用バスで移動

第3部 ~視察見学会~ 14:30~16:30 @グランフロント大阪 PRセンター
定員:25名
※PRビデオ(英語)上映、ロボット実演等を含む
言語 日仏同時通訳/逐次通訳
主催 在日フランス商工会議所、在日フランス大使館対仏投資庁日本事務所、
大阪外国企業誘致センター、大阪市、大阪国際経済振興センター、大阪府、大阪商工会議所
後援 近畿経済産業局、日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部、関西経済連合会(予定)、
TMI 総合法律事務所、エールフランス航空、フランス観光開発機構、大阪日仏協会
定員 80名(先着順)
参加費 無料
申込み 多数のお申込み誠にありがとうございました。
定員に達しましたのでお申し込みを締め切らせていただきます。
問合せ IBPC大阪企業誘致センター 担当:菊根、松本
TEL:06-6615-7130 FAX:06-6615-5518
Email:matsumoto@ibpcosaka.or.jp
タイトル
大阪市ビジネスセミナー
「WHY OSAKA?~いま、大阪にできること~
開催日時
2011年6月13日(月) 14:00~17:00
場 所 第一ホテル東京(東京都港区新橋1-2-6)
http://www.daiichihotel-tokyo.com/web/access/index.html
内 容 大阪市は、2011年6月13日(月)に東京都港区の第一ホテル東京において、大阪ビジネスセミナー「WHY OSAKA? いま、大阪にできること」を開催します。

大阪市では、東日本大震災発生直後から、消防隊・医療チーム等の派遣、救援物資や市営住宅の提供などの被災地の支援に取り組んできました。加えて、市関連のインキュベーションなどの無償提供や、市内オフィスの賃料の助成などにも取り組んでおり、震災により影響を受けた企業の円滑な事業継続を支援することなどを通して、我が国第二の大都市圏の中枢都市である大阪こそが、日本経済活性化のために向けた役割を担うことができると考えています。

今回のセミナーはその一環として開催するもので、震災後のものづくり産業の現況や企業立地の動向、大阪・関西への役割と期待についてご講演いただき、また国内最後の一等地として注目を集めるうめきた・グランフロント大阪の中核機能となるナレッジキャピタルについてご紹介します。最後に大阪市より、大阪・関西の現況と日本復興に向けた大阪市の企業支援のとりくみについて説明します。
なお、会場では、大阪でのビジネス展開の個別の相談にも応じます。
プログラム
(1) 開会 大阪市代表挨拶
(2) 「新エネルギー立国"ニッポン"を創りあげろ!!
~主役は西日本エリア、急がれる大型の設備増強~」(仮題)
株式会社産業タイムズ社 代表取締役社長 泉谷 渉 氏
(3) 「企業立地の動向と企業のハザードリスクについて」
財団法人日本立地センター 常務理事 德増 秀博 氏
(4) 「外資系グローバル企業から見た大阪・関西の魅力」(仮題)
日本アイ・ビー・エム株式会社 大阪事業所 ディレクター 坪田 知巳 氏
(5) 「うめきた・グランフロント大阪~『ナレッジキャピタル』からはじまる知的価値の創出」(仮題)
株式会社ナレッジ・キャピタル・マネジメント 代表取締役社長 間渕 豊 氏
(6) 「いま、大阪にできること ~大阪市の企業支援のとりくみ~」(仮題)
大阪市長 平松 邦夫
(7) 閉会
言語 日本語(英語による同時通訳あり)
主催 大阪市/財団法人大阪国際経済振興センター(IBPC大阪企業誘致センター)
後援
(予定)
経済産業省近畿経済産業局/大阪府/日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部
大阪商工会議所/大阪外国企業誘致センター(O-BIC)/在日米国商工会議所
在日フランス商工会議所/在日ドイツ商工会議所/財団法人日本立地センター
夢洲・咲洲地区企業等誘致協働チーム
定員 200名(先着順)
参加費 無料
パンフレット 案内パンフレット(PDF)はこちら(約975KB)
申込み このイベントへのお申込みは終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。
問合せ IBPC大阪企業誘致センター 担当:在田、田村
TEL:06-6615-7131 FAX:06-6615-5518
Email:invest@ibpcosaka.or.jp
タイトル
フラウンホーファーIPA 関西テクノロジーオフィス(仮称) 開設記念セミナー
開催日時
2011年2月7日(月) 14:00~20:00
場 所 ホテル阪急インターナショナル (大阪市北区茶屋町19-19)
セミナー:4階「月華」 交流会:4階「花風」
http://www.hhi.co.jp/web/access/index.html
内 容 研究員約17,000人を擁する欧州最大の応用研究機関である「フラウンホーファー研究機構」(本部ドイツ・ミュンヘン市)傘下の「フラウンホーファー生産技術・オートメーション研究所(略称=IPA)」(本部ドイツ・シュトゥットガルト市)は、同機構として日本初となる研究拠点を大阪に開設する計画を進めていますが、日独交流150周年にあたる2011年3月、そのための準備オフィスを兼ねたマーケティング拠点「フラウンホーファーIPA 関西テクノロジーオフィス(仮称)」を北区梅田に開設することになりました。

フラウンホーファーIPA、大阪市、IBPC大阪は、「フラウンホーファーIPA 関西テクノロジーオフィス(仮称)」開設を記念したセミナーを開催します。フラウンホーファーIPA及び共同研究パートナー企業、大阪市立大学工業研究所などから研究事例等についてプレゼンテーションを行います。また、セミナー終了後の交流会では、参加者間の交流、意見交換を行います。

「フラウンホーファーIPA 関西テクノロジーオフィス(仮称)」では、関西の大学、研究機関、企業とのナノテクノロジー(主にカーボンナノチューブ(CNT))に関する共同研究支援や欧州REACH(化学物質の登録、評価、認可及び制限に関する規制)のコンサルティングサービスなどを実施する予定です。将来的には、次世代ロボットや医療・バイオ分野など、IPAに属する他の研究部門が合流することも期待されるところです。

フラウンホーファーIPA (生産技術・オートメーション研究所)の大阪進出決定、
及び大阪市との「協力に関する協定書」の調印について
http://www.investosaka.jp/ipa/detail01.html

フラウンホーファー研究機構/フラウンホーファーIPAの概要
http://www.investosaka.jp/ipa/detail01_01.html
プログラム ○ セミナー 14:00~17:50 (於:4階「月華」)
(1) オープニング
(主催者挨拶) 大阪市長 平松 邦夫 氏
フラウンホーファーIPA所長 エンゲルベルト・ヴェストケンパー 氏
(来賓挨拶) 在大阪神戸ドイツ連邦共和国総領事 アレクサンダー・オルブリッヒ 氏
(2) 「フラウンホーファーIPAと将来の提携分野としてのナノカーボン」
フラウンホーファーIPA機能性材料プロセスエンジニアリング部門長/
フラウンホーファーIPA関西テクノロジーオフィス(仮称)代表(就任予定)イヴィツァ・コラリッチ 氏
(3) 「フラウンホーファーIPAとの共同研究例“グラスファサード:未来の発電所”」
Reutter Archtekten BDA代表/建築家オディロ・ロイター 氏
(4) 「カーボンナノ材料」
マックス・プランク固体物理学研究所、高麗大学校工学大学院WCUフレキシブル・
ナノシステム教授 Sineurop Nanotech GmbH CEO シグマー・ロート氏
(5) 「CNTに魅せられて ~ フラウンホーファーとの接点を求めて ~」
スミタ化学技術研究所 代表取締役 角田 裕三 氏
(6) 「プリンテッド・エレクトロニクスのためのナノ粒子テクノロジー」
大阪市立工業研究所 理事 中許 昌美 氏
(7) 「EAP(電気活性高分子)研究の日独連携に向けて」
産業技術総合研究所関西センター 所長 田口 隆久 氏

○ 交流会 18:00~20:00(於:4階「花風」)
言語 日英同時通訳
主催 フラウンホーファーIPA(生産技術・オートメーション研究所)、大阪市、大阪国際経済振興センター
後援 在日ドイツ連邦共和国大使館/大阪・神戸ドイツ連邦共和国総領事館/
ドイツ連邦教育研究省(BMBF)/ドイツ・バーデン=ビュルテンベルク州/
在日ドイツ商工会議所/ドイツ科学・イノベーションフォーラム東京(DWIH)/
経済産業省近畿経済産業局/大阪府/関西経済連合会/大阪商工会議所/
大阪外国企業誘致センター/日本貿易振興機構(ジェトロ)大阪本部/
産業技術総合研究所関西センター/大阪市立工業研究所/フラウンホーファー日本代表部
定員 100名
参加費 無料
申込み このイベントへのお申込みは終了いたしました。ご応募いただきありがとうございました。
申込締切 2月1日(火) ※ただし、定員になり次第締め切ります。
問合せ IBPC大阪企業誘致センター 担当:菊根、田村
TEL:06-6615-7131 FAX:06-6615-5518
Email:ipc-ml@ibpcosaka.or.jp

ページの先頭に戻る