トップ  >  進出サポート  >  助成制度・税制優遇

助成制度・税制優遇

大阪では企業様の進出形態に応じた様々な優遇制度を用意しています。

大阪市イノベーション拠点立地促進助成金制度

オープンイノベーションやベンチャー育成を通じて新しいビジネスを生み出す拠点施設の整備を助成します。

大阪市イノベーション拠点立地促進助成金制度の概要

制度概要 イノベーション創出環境の整備を図るため、オープンイノベーションの推進や、ベンチャー企業等の活動支援に取り組むために設備投資等を行う事業者に対して助成金を交付します。
対象地区 大阪市内全域
助成対象となる拠点

次の(1)、(2)のいずれかの事業を実施するイノベーション拠点

(1)オープンイノベーション推進事業

企業自らの技術、アイデア等に、他の企業、ベンチャー企業等や大学・研究機関等の有するそれらを組み合わせ、新たな製品・サービス等の企画、研究・開発等を行うことを目的とし、以下のすべての要件を満たす必要があります。

  • ・イノベーション拠点の運営及びオープンイノベーションの推進を目的とした専門部署を設置すること。
  • ・オープンイノベーションによる新しい製品やサービス等の企画・開発に向けて、多様な企業等と交流をすること。
(2) ベンチャー成長促進事業

様々な手法によりベンチャー企業等のビジネス活動・成長拡大を支援すること を目的とし、以下のすべての要件を満たす必要があります。

  • ・日常的にベンチャー企業等の事業化に向けた相談を受け、成長に必要なサポートを行うこと。
  • ・ベンチャー企業等のコミュニティ形成を支援するためのセミナーや交流会の開催等を行うこと。
  • ・事業プロジェクト創出に向けたイベント等による交流の機会や、ベンチャー企業等の技術・サービス等のプレゼンテーションの機会を提供すること。
助成対象経費
・助成率
(1)オープンイノベーション推進事業
  • ・助成対象面積が1,000平方メートル以上の拠点建物を所有し、イノベーション拠点事業を実施する場合、拠点建物及びその附属設備、工作機械等の取得に要する経費の10パーセント以内 (上限額3億円)
  • ・助成対象面積が300平方メートル以上の拠点建物を賃借してイノベーション拠点事業を実施する場合、建物賃借料の2分の1、改修工事及び工作機械等の取得に要する経費の10パーセント以内 (上限額6,000万円)
(2)ベンチャー成長促進事業
  • ・助成対象面積が300平方メートル以上の拠点建物を所有し、イノベーション拠点事業を実施する場合、拠点建物及びその附属設備、工作機械等の取得に要する経費の10パーセント以内 (上限額1億円)
  • ・助成対象面積が300平方メートル以上の拠点建物を賃借してイノベーション拠点事業を実施する場合、建物賃借料の2分の1、改修工事及び工作機械等の取得に要する経費の10パーセント以内 (上限額6,000万円)
助成対象面積 イノベーション拠点の延床面積のうち、次の合計面積とします。
(1)コワーキングスペース
(2)イベント・セミナースペース
(3)展示・実証スペース
(4)ベンチャー企業等のためのオフィススペース
(5)企画・共同研究開発スペース
(6)試作品等開発支援スペース
(7)その他、イノベーション拠点の運営に必要と認められるスペース
助成対象事業者 助成対象となるイノベーション拠点事業を行う法人又は団体
※複数の事業者が共同で事業を行う場合は、助成交付される法人又は団体は1つになりますので、共同事業者代表を決めて申請してください。
募集期間
・申請方法
平成29年7月12日(水曜日)から平成32年3月31日(火曜日)まで
申請書類は、下記申請書類提出先に送付又はご持参ください。持参される場合は、平日の午前9時から午後5時30分まで(午後0時15分から午後1時までを除きます。)にお願いします。
期間中、予算状況により、募集を停止、中止する場合があります。その場合はホームページ等で周知します。
募集要項等
周知チラシ
お問合せ 大阪市経済戦略局立地交流推進部立地推進担当
〒558-0034 大阪市住之江区南港北2-1-10 ATCビル ITM棟 4階 M-4
TEL:06-6615-6765 FAX:06-6615-7433

申請にかかる様式については大阪市ホームページよりご確認ください。

市内特定エリアで利用可能な税制優遇制度(地方税最大ゼロ)

大阪市内の特定地域において、新エネルギー・ライフサイエンスに関する先進的な事業を行う場合、大阪市・大阪府に納める地方税を5年間ゼロ、続く5年間を1/2まで軽減します(条件を満たした場合)。

府・市および国の税制優遇を併用した場合の法人実効税率イメージ(平成28年4月~)

法人実効税率(%)

(対象地域:関西イノベーション国際戦略総合特区) 大阪駅周辺地区、夢洲・咲洲地区および阪神港地区は、関西の強みである新エネルギー・ライフサイエンス分野のイノベーション創出を促進するため、事業者の取組を自治体と国が総合的に支援するエリアです。

※堺泉北港・大阪港・尼崎西宮芦屋港・神戸港の総称


1.大阪市・府の税制優遇制度の概要

制度概要 大阪市内の特区地域に進出し、事業計画の認定を受け、
新エネルギーやライフサイエンスに関する先進的な事業を行う場合、地方税を軽減します。
対象地区 大阪駅周辺地区、夢洲・咲洲地区および阪神港地区
対象事業 「新エネルギー分野」「ライフサイエンス分野」関係事業、両分野を支援する事業
事業計画について、原則として外部の専門家により構成される審査会の意見を聞いた上で、認定します。
ただし、事業計画認定後、3年以内に事業を開始する必要があります。
対象税目
・軽減内容
  • ■法人市民税・事業所税
    市外から新たに進出し た場合、5年間ゼロ+5年間1/2(最大の場合。以下同じ)
    ⇒市内からの移転の場合は、移転後の従業者数等の増加割合に応じて軽減します。
  • ■法人府民税・法人事業税
    府外から新たに進出した場合、5年間ゼロ+5年間1/2⇒ 府内からの移転の場合は、移転後の従業者数の増加割合に応じて軽減します。
  • ■固定資産税・都市計画税
    事業計画認定後3年以内に取得し、供用を開始した事業用固定資産(土地・建物・償却資産)について、5年間ゼロ+5年間1/2
  • ■不動産取得税
    事業計画申請後に取得し、事業計画認定後3年以内に供用開始し、その後1年間成長産業事業に供用した事業用固定資産(土地・建物)についてゼロ(最大の場合)
    ※固定資産税・都市計画税、不動産取得税に関しては、事業計画で認定した事業用固定資産が対象
認定申請期限 2018年3月31日まで
2.国の支援制度

国との協議により特区事業として認められた場合、国から規制緩和や制度の特例措置のほかに、税制・金融・財政上の支援措置などが受けられます。

市内全域で利用可能な補助制度

下記の大阪府の補助制度が利用可能です(審査会あり)。ただし、上記の税制優遇との併用はできません。

1.府内投資促進補助金の概要

制度概要 研究開発施設の新築や増改築を行う中小企業に対し補助を行います。
対象者 バイオ・ライフサイエンス、ロボット、情報家電、新エネルギー等の分野のうち、
先端的な事業と認められる研究開発施設の新築・増改築を行う中小企業
補助要件・補助率
  • ■投資に対する補助
    企業規模 中小企業
    (製造業の場合、一部の業種を除き従業員300人以下または資本金3億円以下の会社および個人)
    投資額 1億円以上
    雇用要件 大阪府内の事業所における操業開始日の府内常用雇用者の総数が
    交付申請時の数を下回らないこと
    補助率 家屋・機械設備等にかかる投資額の5%
    (府内に本社、工場または研究開発施設を持つ企業の場合は10%)
    限度額 3,000万円
    申請時期 補助対象事業の契約または発注の日の前日まで
  • ■法人事業税に対する補助

    上記投資に対する補助の交付決定を受けた上で、かつ下記の雇用要件を満たす場合は、
    申請を行うことでさらに法人事業税に対する補助も受けることができます。

    雇用要件 申請時に府内常用雇用者を10人以上、かつ府内新規雇用者を5人以上確保すること
    補助率 操業開始年度の翌年度及び翌々年度の事業活動に賦課される
    法人事業税相当額のうち補助事業所分の50%
    限度額 2,000万円
    申請時期 操業を開始する事業年度の翌(々)年度末に係る法人事業税を納付した日から3か月後の日まで

2.外資系企業等進出促進補助金の概要

制度概要 府内に本社※を設置する外資系企業等に対し、投資額等の一部を補助します。
※本社機能を有していること(広く一般に対して使用している呼称に本社という文字を用いているものに限る。)
対象者 本社を大阪府内に新たに設ける外資系企業等
補助要件 申請日の翌日から3年以内に次の要件を達成すること
・事業所床面積として250㎡以上を確保し、かつ常用雇用者等を25人以上確保すること
(府内で移転する場合は25人以上増加すること)
申請時期 補助対象事業の契約または発注の日の前日まで
補助要件・補助率 進出形態(家屋の取得又は賃借)や常用雇用者等の人数に応じて補助金限度額が変わります。
■家屋取得の場合

家屋・機械設備等にかかる費用の5%を補助

常用雇用者等の数 限度額
25~99人 3,000万円
100~199人 6,000万円
200人以上 1億円
■家屋賃借の場合

賃料等の1/3(24か月)を補助

常用雇用者等の数 限度額
25~99人 2,000万円
100~199人 4,000万円
200人以上 6,000万円

その他、各制度の詳細・要件等については下記もしくは、お問い合わせフォームからお問合せください。

IBPC大阪企業誘致プロジェクト
〒559-0034 大阪市住之江区南港北1-5-102
TEL:06-6615-7130 FAX:06-6615-5518