トップ >  ビジネスチャンス >  大阪の進出メリット >  スタートアップ・イノベーションを創出する環境

スタートアップ・
イノベーションを創出する環境

進取の気性に富む起業家を数多く輩出してきた商都大阪では、今や世界ブランドになった数々のユニークな新商品やビジネスが生み出されてきました。
昨今、ビジネスにおけるイノベーションとスピードが重要であるなか、大阪では、継続的にイノベーションが創出される環境(イノベーション・エコシステム)の構築をめざし、国内外から人材・情報・資金を呼び込むための取組を進めています。

大阪イノベーションハブ(OIH)

世界市場に挑戦する起業家や技術者が集まるイノベーション創出支援拠点です。「大阪から世界へ」をテーマに、ビジネスのスケールアップにつながるプログラム(年間約200回)を展開しています。そして、多様な人や企業、アイデアの交流を通して、人材発掘・コミュニティの形成やビジネスプランの事業化をサポート。「起業家を生み、育て、成功者にし、成功者が次の成功者を生む、関西における循環システム(イノベーション・エコシステム)」の構築を推進しています。2013年の開設以降イベント開催数や来場者数は順調に増加し、全国の自治体や海外の大学からの視察も増えています。


国際イノベーション会議HackOsaka

グローバルなビジネスネットワークの構築をめざして、国際イノベーション会議Hack Osaka を毎年開催しています。
世界各国から集まった注目度の高い起業家やアクセラレーターによる講演、パネルディスカッション、インターナショナルピッチコンテストなどを通じて大阪から世界へムーブメントを発信しています。


OIHシードアクセラレーションプログラム

シード期~スタートアップ期のベンチャーに対し、適切なメンタリングをはじめ、シードアクセラレーターや大企業などとの連携をコーディネートすることで、事業化を加速する取組を行っています。

ピッチイベント

ベンチャーが自らのビジネスを投資家、大企業、メディアなどに向けて発表し、資金獲得や事業提携などをめざすイベント。ベンチャーの成長促進、大企業における更なるイノベーションの創出を支援しています。


海外ワークショップ

起業を志向する学生や若手起業家を、イノベーション先進都市であるシリコンバレーに派遣し、海外の第一線の現場での実践的な研究・トレーニングを体験できるプログラムを実践しています。


産学官連携の取組

大学の研究・技術シーズをもとにした産学連携による研究開発に対して補助を行うことで、大学の研究・技術シーズの実用化を推進しています。

IoTビジネス創業プログラム

南港ATCに設置されているソフト産業プラザにおいて、IoTを活用したビジネス・サービスによる創業や新規事業展開をめざす事業者を創出するための支援プログラム(エントリー制)を実施しています。また、IoTビジネスへの参入に関心がある企業などを対象にセミナーを開催するなど、機運を高めるイベントを開催しております。

また、大阪・関西は、成長が期待されるグリーン・ライフサイエンス分野などに関連する企業・研究機関などが集積している強みを活かし、国際的なビジネス競争力を高めるため、国・自治体などによる総合的な支援により、イノベーションの創出を推進しています。

特区制度を活用した国際競争力の強化

大阪は、先端的な医薬品・医療機器などの研究開発・事業化の推進、チャレンジングな人材の集まるビジネス環境を整えた国際都市の形成などを目的とする ・国家戦略特区(大阪市全域) ・関西イノベーション国際戦略総合特区(大阪駅周辺地区・夢洲・咲洲地区・阪神港地区) の指定を受けているため、事業者は国の認定を受けることで、事業規制の特例措置の活用や国の税制支援・金融支援を受けて事業を実施することができます。
さらに、関西イノベーション国際戦略総合特区において、グリーン・ライフサイエンスに関する先進的な事業として国などの認定を受けた企業は、国からの支援に加え、大阪府・大阪市の地方税が軽減されます。(最大5年間ゼロ+5年間1/2)


大阪府バッテリー戦略研究センター

民間出身の専門家を中心に、国・業界団体・大学・研究機関とも連携し、新エネルギー産業分野のビジネス創出や企業立地に向けて活動している大阪府の組織です。蓄電池、水素・燃料電池関連の事業参入や実証フィールドの提供、技術面での課題などの相談に応じています。

〒559-8555
大阪市住之江区南港北1-14-16
大阪府咲洲庁舎25階 大阪府商工労働部内
TEL:06-6210-9269
URL:http://www.pref.osaka.lg.jp/energy/bsrc/index.html

PMDA関西支部の機能拡充

大阪駅前グランフロント大阪内にあるPMDA(独立行政法人医薬品医療機器総合機構)関西支部では、大学・研究機関、ベンチャーが研究開発を行うにあたっての薬事に関する各種相談に対応しています。また、東京本部とテレビ会議システムで結ぶことで、薬事戦略相談や治験相談などの対面助言が可能となり、開発初期から治験まで幅広い段階での相談が関西支部で完結することになりました。

おおさかトップランナープロジェクト

医療・介護・健康分野などにおいて、新たな需要の創出が期待できる製品・サービスの事業化をめざす企業などのプロジェクトを発掘・認定し、認定プロジェクトの事業化を継続的に支援しています。